/

この記事は会員限定です

新型Switchの外箱なぜ小さく? 家電に環境配慮の波

[有料会員限定]

家電製品のパッケージが小型化している。任天堂は10月に発売した「ニンテンドースイッチ」の新型機の外箱の容量を2割削減。ソニーグループはワイヤレスイヤホンの包装の大きさを3分の1にした。包装ゴミを減らす取り組みは食品や日用品が先行していた。企業の環境対策を重視する消費者や投資家が増え、対応を急ぐ。

「箱の形が全然違う。コンパクトだなあ」。人気ユーチューバーのHIKAKINさんはネット動画で新型スイッチを紹介した。最初に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン