/

この記事は会員限定です

小野薬品、特許の崖に備え急務 オプジーボ和解の背景

[有料会員限定]

小野薬品工業はがん免疫薬「オプジーボ」の特許使用料を巡る訴訟で、原告である京都大学の本庶佑特別教授に解決金など50億円を支払い、京都大に230億円を寄付することで和解した。オプジーボの特許は2031年ごろに切れる。一般的に薬の商品化は基礎研究から10年以上かかり、現状でオプジーボの穴埋めは難しい。アカデミア(学術界)や海外企業と提携して有望な薬候補を探すうえで、法廷闘争によるイメージ悪化を抑える必要があった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン