/

この記事は会員限定です

阪急阪神HD、人流データで梅田を深掘り 回遊促す

[有料会員限定]

阪急阪神ホールディングス(HD)が大阪・梅田で人流データの活用を試みている。人工知能(AI)カメラや携帯電話の位置情報を使い、滞在する人の年齢や居住地などを取得する実験を展開。今後はビッグデータを生かした施策で、来場者がグループ内の施設を巡るように促す。幅広い不動産を開発するお膝元の梅田の街で、利用を深掘りする。

阪急うめだ本店近くの阪急サン広場。拡張現実(AR)を体感するイベントでは、1台のA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン