/

岩井コスモHD 4~9月期の営業益25%減

岩井コスモホールディングスが22日発表した2021年4~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比25%減の25億円だった。売上高にあたる営業収益は8%減の102億円。ウェブ上のセミナーである「ウェビナー」を活用した営業にいち早く注力するなどした一方、新型コロナウイルス禍などで株式市場に不透明感が漂ったことで委託手数料が減少した。

同日の記者会見で沖津嘉昭会長は今後の経営課題として、手数料の競争や相続に伴う運用資産の換金などを指摘。「証券会社の経営環境は厳しくなる」と語った。一方、足元で3900億円程度の投資信託の残高を23年3月期には5000億円に高めて信託報酬を増加。信用取引に伴う金利収入とあわせてストック収入を拡大し、経営基盤を強化する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン