/

この記事は会員限定です

任天堂4~6月、純利益増も営業益15%減 Switch減速

[有料会員限定]

任天堂が3日発表した2022年4~6月期の連結決算は営業利益が前年同期比15%減の1016億円だった。半導体不足の長期化でゲーム機の生産に制約がかかる中、新型コロナウイルス下の「巣ごもり」需要は一服しつつある。インフレで娯楽への支出が落ち込む可能性もあり、好調だったゲーム市場が踊り場を迎える懸念が出てきた。

売上高は5%減の3074億円、純利益は28%増の1189億円だった。同社は欧米など海外で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

パソコンやスマホの半導体や、電気自動車(EV)に使われるパワー半導体とは。TSMCや東芝、キオクシアなどのメーカーの動向や供給不足、シェア推移など関連業界や市場の最新ニュース・解説をタイムリーに発信します。

半導体が分かる ビジュアル解説

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン