/

大阪府、「1卓4人まで」継続 オミクロン型の市中感染で

大阪府は22日の新型コロナウイルス対策本部会議で、府内で新たな変異型「オミクロン型」の市中感染が確認されたなどとして、12月末まで飲食店に要請している人数や時間の制限を2022年1月以降も継続すると決めた。

吉村洋文知事は会議の冒頭、「年末年始は人の動きが活発になる。現在の要請を本来解除したいという思いがあったが、この状況を踏まえて継続をお願いしたい」と説明。「感染自体は抑えられている状況だが、オミクロン型は既に市中にあるという前提で対策を取るべきだ」と述べた。

府は現在、感染対策の基準を満たした場合に発行される「ゴールドステッカー」の認証店は「1テーブル4人まで」、非認証店は「1グループ4人以内」の人数制限を要請し、いずれも利用時間は「2時間程度まで」を求めている。感染状況が落ち着いていることを踏まえ、吉村氏が年内で解除する意向を示していた。

イベントについても政府の基本的対処方針に沿った対応を継続して要請。大声を出さないものに限り、感染防止に関する計画の提出をすれば収容人数の上限はない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン