/

この記事は会員限定です

和歌山IR、11月に区域整備計画案 「MICEや観光にも力」

[有料会員限定]

和歌山県が誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート(IR)の運営事業者、カナダのクレアベスト・グループは22日、区域整備計画の原案を11月中にまとめ、国への申請期限の2022年4月28日に向け県や議会などと調整を進める考えを明らかにした。カジノに依存するのではなく、MICE施設(国際会議場や展示場)や観光ビジネスに注力して同県と長期的な成長を探るという。

同グループの梶武司プロジェクトマネジャー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン