/

この記事は会員限定です

クボタ、後付け機器で農機自動運転 熟練の操作可能に

[有料会員限定]

クボタは既存の農機に後付けすることで自動運転を可能にする機器を日本市場に投入する。直進時のハンドル操作を自動化し、熟練者のように走行できる。価格を抑え、普及を優先して2030年に自動運転の利用率を1割まで高める。ノウハウを収集して自動運転の技術を磨き、30年に約1兆7000億円に拡大するとの予測もある世界市場で主導権を握ることを目指す。

農機の自動運転は農林水産省が安全性の基準を定めたレベルで1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません