/

この記事は会員限定です

近鉄系のホテル相次ぎ改装 USJ周辺など 客単価向上へ

[有料会員限定]

近鉄グループホールディングス(GHD)運営のホテルが相次ぎ客室を改装する。このうち一部を米投資会社ブラックストーンが所有しており、「都ホテル京都八条」(京都市)など2ホテルを2023年夏をめどに改装する。保有と運営の両方を近鉄GHDが担う2ホテルも改装を検討する。新型コロナウイルス禍で厳しいホテルの稼働状況が続いていたが、観光需要の回復を見越して投資し、客単価アップを狙う。

近鉄GHDは系列の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン