/

島津製作所、質量分析計の新製品発売 分析時間半分に

島津製作所は22日、液体試料の成分を調べる「液体クロマトグラフ」に組み合わせて使う質量分析計の新製品「LCMS-9050」を発売した。質量分析計は島津の売上高の1割強を占める主力製品。分析時間を従来製品の半分にしつつ、精度は1.5倍向上させた。

質量分析計は、物質を原子や分子に分けてイオン化し、その質量を量ることで成分を分析する。新製品は精度の高い分析を可能にする最先端の研究機器で、新薬を研究する製薬業界や、新素材を開発する化学業界、食品の残留農薬を調べる食品業界などへの活用を想定している。

島津はヘルスケア分野に力を入れており、がんや生活習慣病、精神疾患の診断・治療など、臨床分野でも質量分析計の活用を進めている。価格は5980万円(税別)からで、国内外で1年間に40台の販売を目指している。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン