/

熱帯低気圧が台風に発達へ 3連休、西・東日本接近か

(更新)

気象庁は22日、日本の南の海上にある熱帯低気圧が台風に発達する見込みだと発表した。24日から25日にかけて西日本と東日本の太平洋側へかなり接近する見込み。23日からの3連休は非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水への警戒、強風や高波への注意を呼びかけた。

気象庁によると、熱帯低気圧は22日午前9時現在、日本の南を時速約25キロで北西へ進んだ。中心気圧は1006ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。予報円はまだ大きく、今後の進路に注意が必要だ。25日ごろに温帯低気圧に変わるとみられる。

23日正午までの24時間予想雨量は多い所で、近畿、東海150ミリ、関東甲信120ミリ。その後の24時間は近畿、東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン