/

この記事は会員限定です

大阪市の最高峰は昔「ごみの山」 都市化の産物、万博と縁

とことん調査隊

[有料会員限定]

かつて水運で栄え「水都」とも呼ばれる大阪。低地に広がる大都会というイメージが強いが、大阪市内には山が8つあるらしい。8月11日の「山の日」を前に長野県から大阪に転勤してきたばかりの記者が、日ごろの運動不足解消も兼ねて市内最高峰を目指した。

向かったのが、大阪市鶴見区と大阪府守口市にまたがる花博記念公園鶴見緑地にある鶴見新山。標高39メートルと通天閣(高さ108メートル)の半分に満たないものの、同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン