/

横浜点滴中毒死、死刑求刑 元看護師、患者3人殺害

(更新)

横浜市の病院で2016年に看護師が入院患者3人の点滴に消毒液を入れて中毒死させた事件の裁判員裁判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であり、検察側は殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)に完全責任能力があったとして死刑を求刑した。

弁護側は心神耗弱状態などを理由に無期懲役が相当と主張。この日で結審し、判決は11月9日に言い渡される。

検察側は論告で「(患者の)家族への対応をしなくてすむよう、自分の勤務時間外に死亡するようにした」との動機は「社会的弱者を守る立場にありながら、自己の都合のみを考えており身勝手だ」と述べた。

一方、弁護側は最終弁論で「統合失調症が影響しており、善悪を判断する能力が著しく阻害されていた」と主張した。夜勤が多く、ストレスで抑うつ状態が悪化した上、自己肯定感が低いために転職もできなかったと説明。「追い詰められた状況で動機が形成され、酌量の余地がある」とした。

論告に先立ち、遺族が意見陳述した。西川惣蔵さん(当時88)の長女は「自分の行ったことに向き合って反省しているとは到底思えない」と声を震わせた。

起訴状によると、被告は16年9月、横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で、いずれも入院患者の興津朝江さん(同78)、西川さん、八巻信雄さん(同88)の点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入して殺害。殺害目的で点滴袋5個に消毒液を入れたとされる。〔共同〕

被告、声詰まらせ「償いたい」
「死んで償いたいと思っています」。入院患者3人が死亡した点滴中毒死事件の裁判員裁判で死刑を求刑された元看護師、久保木愛弓被告は22日の最終意見陳述で、声を詰まらせながら遺族に謝罪、極刑を受け入れる覚悟を口にした。一方、法廷で意見を述べた遺族は怒りや悲しみをあらわにした。
眼鏡をかけた被告は白いマスクを着け、上下グレーのスーツ姿。やや緊張した面持ちで横浜地裁の公判に臨んだ。結審直前、裁判長に陳述を求められると、丁寧に折りたたまれた紙を開き「看護師という命を守る職に就いていながら、自身の弱さから事件を起こしてしまい深く反省しています」と絞り出すように言葉をつないだ。
遺族も法廷に立った。西川惣蔵さんの長女は涙ぐみながら陳述。八巻信雄さんの長男は「誰にもみとられず息を引き取ったと思うとかわいそうでならない。絶対に許せない」と語った。
2人の陳述の間、被告はハンカチを握り締め、時折目線を下に向けていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン