/

この記事は会員限定です

パナソニック樋口専務「AI人材を集結」米ソフト買収で

パナソニック8000億円買収 (中)

[有料会員限定]

パナソニックはサプライチェーン(供給網)向けソフトウエア大手、米ブルーヨンダーの買収を決めた。企業向けシステム事業を統括する樋口泰行専務執行役員が日本経済新聞の取材に応じ「自社の人工知能(AI)人材はブルーヨンダーに集結させ、サプライチェーンを最適化するAIの開発に特化したい」と話した。主なやりとりは以下のとおり。

――ブルーヨンダー買収の狙いは。

「パナソニックの企業向けシステムは、法人用パソコンやプロジェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン