/

この記事は会員限定です

伊藤忠、「売れる味」伝授 味覚の数値化で食品開発変革

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

伊藤忠商事がデジタル技術を活用し、食品・飲料メーカーの商品開発を変革する。うまみなどの味覚を数値で可視化し、最大800万件のPOS(販売時点情報管理)データなどと組み合わせて「売れる商品」を効率的に企画できるシステムを構築した。勘と経験に頼りがちだった商品開発からの脱却を後押しする。伊藤忠にとっても課題解決型ビジネスの成長を急ぐ狙いがある。

コンビニエンスストアやスーパーで人気のペットボトル入り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。 2020年からはDX銘柄の選定が始まり注目度も高まっています。様々な企業がDXを実践し失敗と成功を重ねてきました。 このコラムでは、いま注目すべき企業によるDXの推進事例をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません