/

この記事は会員限定です

関西企業、万博へ技術に磨き 未来社会の実験に世界注目

関西経済特集

[有料会員限定]

2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて、関西企業の技術が花開いている。関西の中小やスタートアップにとっても万博は世界へ技術を実証し発表できるまたとない機会だ。行政や経済界も支援に動き、一丸となって「未来社会の実験場」となる万博での実装を目指す。

立命館大学発のスタートアップ、人機一体(滋賀県草津市)は万博で実用機の公開を目指し、危険な重労働を担う人型重機(ロボット)の開発に取り組む。操縦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン