/

失踪ウガンダ選手、帰国 日本在留希望も最後は納得

(更新)

東京五輪ウガンダ選手団の一員として来日後、事前合宿先の大阪府泉佐野市内滞在中に失踪し三重県で保護された男子重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)が21日深夜、成田空港から帰国の途に就いた。

成田空港で出国手続きをするウガンダのジュリアス・セチトレコ選手(21日夜、中央)=共同

選手出国前に記者会見した千代松大耕市長によると、市職員は東京都内の警察署で、保護された人物をセチトレコ選手と確認した。選手は21日朝の時点で、日本に残ることを望んでいた。その後、選手団代表との面会などを経て、帰国に納得したという。

セチトレコ選手は6月19日、選手団の一員として来日。泉佐野市内の宿舎から7月16日に姿を消した。選手団が宿舎から選手村へ移動した20日、三重県四日市市で警察官に発見された。宿舎に「日本で仕事したい」という趣旨の書き置きを残していた。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は20日の記者会見で「事実を解明してから処分の要否を考えたい」と述べていた。

千代松市長は「本国で生活が苦しい、と書き置きをされていたが、頑張ってほしい」と、セチトレコ選手にエールを送った。市は合宿中、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として担当職員ら2人を宿舎に常駐させていたが「このような事態を招いた責任がある。スタッフを増やし、目を行き届かせるべきだった」と反省も口にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン