/

この記事は会員限定です

教頭から広島カープのデータ班 教えた数学、思わぬ強み

(更新) [有料会員限定]

プロ野球広島カープの本拠地マツダスタジアムの一角に、複数のパソコンが並ぶデータ分析班の専用ルームがある。試合中、球場内に設置された8台の高性能カメラを通じ、投球や打撃に関する数値が1球ごとにモニターに映し出される。

投手なら球速や回転数、投球時の腕の角度、骨格の動きなど送信されるデータは約30項目。1試合で50球投げた場合、一人の投手に関する情報だけで約1500に及ぶ。

このデータ分析班に202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン