/

この記事は会員限定です

肝臓がんや膵臓がん、粒子線治療に健康保険 負担少なく

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

陽子や重粒子のビームでがんを治療する粒子線治療で、4月から国の健康保険を使えるがんが増え、5種類が加わった。肝臓や膵臓(すいぞう)、大腸など、これまでより患者が多いがんが対象となる。臨床試験で効果が確認できたためだ。ただ治療できる施設数が限られ、アクセスしにくかったり、既存の治療との違いや選択などでとまどったりする可能性もある。

80歳代の男性は大きさが8センチメートルの肝臓がんと診断を受けた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません