/

この記事は会員限定です

関西の自治体の個人住民税、増収に2パターン

[有料会員限定]

関西6府県で2019年度までの10年間に個人住民の税収を増やした自治体は70と全体の4割を下回る。増加率上位の自治体では、人の呼び込みに知恵を絞ったケースと産業の育成で創意工夫をしたケースの2パターンが目立つ。ただ、この間の国内全体の個人住民税の伸び(13%)を上回ったのは、関西で9市町村のみ。少子高齢化が進む中で、さらなる自治体の努力が求められそうだ。

データで読む地域再生

「60年以上人口が減っていない町」。それが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン