/

この記事は会員限定です

日本電産の永守会長「即断即決の経営に」 CEOに関氏

(更新) [有料会員限定]

日本電産は22日、2022年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が過去最高の1800億円(前期比12%増)になる見通しだと発表した。パソコンやゲーム機向けの小型モーターが好調のほか、全社で推し進めた固定費の削減などの構造改革がけん引する。売上高は1兆7000億円、純利益は1400億円と、それぞれ過去最高を予想する。

午後5時から永守重信会長と関潤社長らがオンラインで決算説明会を開いた。同日に発表した関社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2623文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン