/

この記事は会員限定です

消防車のモリタHD「総合防災企業に」 IoTトイレカーも

[有料会員限定]

モリタホールディングス(HD)が水害など自然災害時に使う新製品を相次ぎ投入している。主力の消防車両は更新需要が中心で、国内市場の伸びが期待できない。近年頻発する台風や豪雨、地震などの災害に総合的に対応する企業として多様な製品をそろえ、中長期的に事業の柱の一つに育てる考えだ。

モリタHDは6月、水害時に建物などへの浸水を防ぐ止水板や、避難所などで使う移動式トイレ「トイレカー」など5製品の販売を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン