/

奈良県、「まん延防止」要請せず 初の新規感染100人超

奈良県内では新型コロナウイルスの1日当たりの感染者が初めて100人を超えた

奈良県の荒井正吾知事は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて大阪府が緊急事態宣言の発令を政府に要請したことに支持する考えを示した一方、県内への発令には慎重な姿勢を示した。宣言に準じた措置をとれる「まん延防止等重点措置」の適用についても国に要請しない考えを改めて示した。県内では同日、112人の新規感染者が確認された。1日当たりの感染者数としては過去最多で100人超えは初めて。

荒井氏は、大阪府の宣言発令要請について「感染を抑えるために適切な判断をされた。まん延防止措置は時短が中心だったが、より強い措置をとる方向で検討していると聞いている。その方向は支持したい」と述べた。

県内で宣言を要請することには「効果的ではない」と慎重な考えを示した。重点措置についても「効果があればやぶさかではないが、奈良においては効果が期待できないように今でも思っている」と述べた。

県内では病床使用率が71%となるなど病床も逼迫している。県は、病院や宿泊療養施設への待機者が急増しているとして、自宅での看護体制を強化する方針を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン