/

この記事は会員限定です

日本電産、巧みな「主役交代」 車載や家電向け稼ぎ頭に

[有料会員限定]

日本電産が事業の主役を戦略的に入れ替えている。需要が伸び悩むハードディスクドライブ(HDD)向けなどの精密小型モーターに代わり、「脱炭素社会」が追い風になる電気自動車(EV)用駆動モーター、家電用省エネ型モーターなどを主力に据える。6月下旬に最高経営責任者(CEO)が永守重信会長から、日産自動車出身の関潤社長に交代。成長分野を見極めて先行投資する「永守流経営」に磨きをかける。

「車載と家電・商業・産業用はM&A(合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン