/

この記事は会員限定です

在宅・株高、高額住宅が好調 大和ハウスは最高級ライン

[有料会員限定]

人口減少で住宅市場が縮小するなか、高級住宅の売れ行きが好調だ。新型コロナウイルス禍で在宅勤務が広がり、住まいにお金をかける人が増えた。世界的な株高による富裕層の資産効果も追い風だ。大和ハウス工業などは高価格帯の商品に力を入れている。

大和ハウスは4月下旬、同社で最高級という戸建て住宅の新商品を発売した。建設価格(土地代除く)は7000万円以上を想定する。1坪(3.3平方メートル)あたりの単価は165万円からと、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン