/

この記事は会員限定です

奥村組、トラフグ陸上養殖の実証実験 建設技術に生かす

[有料会員限定]

奥村組はトラフグの陸上養殖の実証実験に乗り出した。養殖を巡ってはエサの食べ残しによる海洋環境の悪化が問題となっている。環境負荷の少ない養殖技術を確立するほか、水浄化技術を本業に応用することも視野に入れる。建設市場が縮小して土木や建築事業の収益が落ち込む場合に備え、事業を多角化する。

11月から茨城県つくば市にある同社の技術研究所で実証実験を始めた。20㌧と4㌧の飼育水槽を合わせて6基用意し、水を全く替え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン