/

この記事は会員限定です

関西の品種登録 南高梅や京野菜、改良で磨く

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西2府4県は農業産出額で全国の約6%を担い、野菜や果樹などの品種開発でも独自色を見せている。和歌山県はウメや柿など全国シェア首位の主力産品の競争力に磨きをかけ、京都府はトウガラシなど京の伝統・ブランド野菜の振興に注力する。品種登録数が最多の兵庫県は都市緑化で成果をあげている。研究開発の効率化のため企業や大学との連携も盛んだ。

兵庫県西宮市の丘陵地にある北山緑化植物園で2021年12月上旬、売店に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン