/

この記事は会員限定です

広がるBRT実験、通信でバス連結 ローカル線も視野に

[有料会員限定]

関西の鉄道各社がバス高速輸送システム(BRT)の研究を急いでいる。JR西日本が自動運転の実験を始め、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)や南海電気鉄道は都市部でバス高速化の手段として計画する。鉄道より維持費が抑えられ、移動時間を短縮できると期待が高まるが、技術や費用など実現までの課題も多い。

JR西はソフトバンクなどと滋賀県野洲市のテストコースで実験を始めた。自動運転で走る3台の車両を通信で「電子連結」させるのが特徴だ。運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン