/

この記事は会員限定です

大阪の「入院待機」、第3波から76%増 2600人に 

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの緊急事態宣言を要請している大阪府で、入院先などが決まらず自宅待機する患者が急増している。現時点で2600人を超え、「第3波」のピーク時を76%上回っている。府内では3月以降に9人の感染者が自宅で死亡したことも判明。変異ウイルス拡大で逼迫する病床の追加が急務だ。

入院や宿泊施設利用など調整中の待機患者は21日時点で2658人。第3波では1505人(1月16日)が最も多く、療養先と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン