/

この記事は会員限定です

大阪IR、関連需要にも期待 年1兆円超の経済効果

[有料会員限定]

大阪府と大阪市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の詳細が明らかになった。21日に公表した国に提出する区域整備計画案の骨子では、近畿圏の経済効果が年に1兆円を超すと想定。関西企業は関連需要拡大に期待を高める。開業は早ければ2029年秋。国の正式認可に向け、府・市はインフラ整備や環境対策など開業までの課題のクリアを急ぐ。

大阪IRを開発する事業者は米MGMリゾーツ・インターナショナルと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン