/

横綱照ノ富士誕生 第73代、モンゴル5人目

(更新)
 伝達式で口上を述べる、第73代横綱となった照ノ富士(中央)。奥は伊勢ケ浜親方=21日午前、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋(代表撮影)

日本相撲協会は21日午前、東京都内で大相撲秋場所(9月12日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の第73代横綱昇進を正式に決めた。

照ノ富士=共同

新横綱の誕生は2017年初場所後の稀勢の里以来4年半ぶりで、令和では初めて。モンゴル出身力士として5人目の最高位となった。

協会は同じ伊勢ケ浜一門の高島理事(元関脇高望山)と浅香山審判委員(元大関魁皇)を江東区の伊勢ケ浜部屋に使者として派遣し、昇進を伝達。照ノ富士は決意を示す口上で「謹んでお受け致します。不動心を心掛け、横綱の品格、力量の向上に努めます」と述べた。

5月の夏場所まで2場所連続優勝していた照ノ富士は、18日の名古屋場所千秋楽で白鵬との全勝対決に敗れたが、14勝1敗の好成績を収めた。19日の横綱審議委員会で、全会一致により横綱に推薦された。

両膝の負傷や内臓疾患の影響で、大関から序二段まで落ちながら復活し、夏場所で大関へ返り咲いていた。秋場所は白鵬と合わせ2横綱となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン