/

日本ウイスキーの聖地「山崎」の舞台裏 匠の技とは

LBSローカルビジネスサテライト

かつて千利休が茶室を設けるなど、名水の地としてしられる大阪・山崎。ここに国内初のウイスキー製造拠点、サントリー山崎蒸溜所(大阪府島本町)がある。この拠点では異なるタイプの複数の設備を使い、様々な特徴を持つ原酒を製造する。熟成に使う樽(たる)の材質や形状、保管場所などの違いで、原酒の香味は複雑に変化する。味や香りを樽ごとに把握して品質管理し、製品開発を担うのがブレンダーの仕事。5代目チーフブレンダーの福与伸二さんは、鋭い嗅覚や味覚を保つため、暴飲暴食を慎んで生活リズムを一定に保つなどの努力を重ねる。世界で人気を集める日本のウイスキーづくりは匠(たくみ)の技と努力によって支えられていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン