/

行基を供養した仏塔か 奈良、「長岡院」候補地に柱穴

東大寺大仏造立に携わった奈良時代の高僧・行基(668~749年)が畿内に建立した「四十九院」の一つ「長岡院」の有力候補地、菅原遺跡(奈良市)で、柱穴が円形に並ぶ異例の建物跡(8世紀中ごろ)が見つかり、20日、元興寺文化財研究所(奈良市)が発表した。円形建物は故人を供養するために建てられるといい、今回の建物は行基の供養のため建立された仏塔の可能性がある。

四十九院で現存している寺は10カ所もないとされ、実態を知る手掛かりとなりそうだ。同研究所の村田裕介研究員は「円形建物跡は類例が見当たらず極めて珍しい。多宝塔(仏塔の一種)だった可能性はあるだろう」としている。

円形建物跡は方形区画の中心にあり、区画は推定で1辺約36~38メートル。区画西側は幅3メートルの回廊で、東側は塀とみられる。柱穴は30カ所以上見つかった。柱の直径は約30センチで、約3メートル間隔で並んでいた。

円形建物部分では、中心から半径4.7メートルの範囲に土台の石材を抜き取った跡と、同7.3メートルの範囲で15カ所の柱穴が、同心円状に確認された。年代は出土した土器の形態などから判定した。

行基は一時、布教を弾圧されたが許され、聖武天皇から東大寺大仏造立のため重用された。しかし、大仏完成前の749年に、四十九院の一つで、菅原遺跡のすぐそばにある菅原寺(喜光寺)で没したと伝わる。

行基の業績をまとめた平安時代の「行基年譜」によると、行基が建立した長岡院は「菅原寺の西の丘にある」と記されており、菅原遺跡が長岡院であることと符合するという。遺跡の南側約50メートルの場所でも1981年に奈良大が寺跡とみられる基壇跡を発見しており、付近を長岡院とみる説が有力視されていた。

現場一帯は宅地造成が進んでおり、奈良県などは公有地化も視野に開発業者側と交渉を重ねたが折り合わず、遺跡は住宅地となる見通し。

現地説明会はないが、6月から元興寺文化財研究所のホームページで遺跡の動画を公開する予定。〔共同〕

真東に東大寺臨む供養堂


平城京(奈良市)を見渡し、真東に東大寺を望む高台で見つかった異例の円形建物跡。大仏建立に奔走した奈良時代の僧・行基との関連が有力視されるが、行基は大仏の完成前に亡くなった。弟子らが行基を弔うため、この場所に供養堂を建てたとする見方が研究者から出ている。
菅原寺(喜光寺)や長岡院など49の寺院を建てたとされる行基は、同時に民衆を動員して橋、池などを整備。都に税などを納めた人々に食事や宿泊場所を提供する「布施屋」を設けたことでも知られる。社会福祉事業のパイオニアだ。
続日本紀によると、行基は各地を布教して回り、多くの人が付き従った。時には千人単位になるほどだったとも記す。しかし、民衆への伝道活動が僧尼令に反するとして717年以降、弾圧を受けた。行基が建立した大野寺(堺市)の土塔を発掘した近藤康司・堺市文化財課主査は「1人の僧の下に多くの人が集まるのは政府にとって脅威だったのだろう」と話す。
その後、弾圧は緩和していった。743年に聖武天皇が大仏造立の詔を出すと、行基は弟子や民を率いて協力。行基の動員力を大仏造立に利用しようと聖武天皇が期待していたとされる。行基は大仏完成前の749年に菅原寺で亡くなった。同寺の本堂は東大寺大仏殿と似ており「試みの大仏殿」と呼ばれる。
東野治之奈良大名誉教授は「遺跡からは菅原寺も見渡せるし、大仏建立で活躍したという点を弟子たちがたたえ、この場所に供養堂を構えたのかもしれない」としている。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン