/

この記事は会員限定です

「買い回らない」時短型売り場で集客 ルクアや阪神梅田

[有料会員限定]

関西の商業施設が、複数店舗の商品を1カ所にまとめた売り場の導入を進めている。ルクア大阪(大阪市)は様々なブランドの商品を一度に試着・購入できるアパレルコーナーを設置。阪神梅田本店(同)は地下で人気総菜を集めた店舗を開いた。館内の買い回りを促す従来の事業モデルにとらわれず、新型コロナウイルス禍の時短ニーズに応えて誘客を図る。

多くのブランドまとめて試着

JR西日本SC開発(同)が運営するルクア大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン