/

この記事は会員限定です

がん「体重減少」防止に新薬 悪液質の症状改善に効果

[有料会員限定]

進行したがん患者の体重が落ちて筋肉量が減る「がん悪液質」という症状を防ぐ日本初の治療薬が、1月に承認された。がんだからやむを得ないと考えられてきた症状だが、体力を維持し、治療の継続や生活の質の向上につなげる狙いがある。ただ効果を上げるにはリハビリも併用する必要があるなど、使い方はまだ手探りだ。

関西在住でがんの治療を続けていた50歳代の男性は、がん悪液質の影響で53キログラムあった体重が47キログ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン