/

この記事は会員限定です

和歌山県の仁坂知事、IR否決「痛恨の極み」

[有料会員限定]

和歌山県の仁坂吉伸知事は、IRの区域整備計画案の申請が県議会で否決されたことについて記者団に「痛恨の極み」と語った。記者団との一問一答は次の通り。

――否決への受け止めは。

「否決されたのは痛恨の極み。和歌山が少しずつ衰退していくのを、IRを最大の起爆剤にして止めようとした。残念ながら次の成長因子を失った状態になった」

――議案が通らなかったことへの責任の取り方は。

「このプロジェクトの遂行は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン