/

岩谷産業 カセットボンベの製缶工場を新設

岩谷産業は20日、カセットボンベの製缶工場を新設したと発表した。これまで外部から調達していたカセットボンベの缶を自社で製造することで品質管理の強化と安定供給につなげる。同社は年間最大7000万本のカセットボンベを生産しており、それに対応する缶の製造能力を備える。製缶から商品化まで一貫した生産体制を整える。

新工場は5月19日に本格稼働した。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要やアウトドアでのカセットコンロの利用増で、カセットボンベの需要は伸びている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン