/

宝酒造、焼酎・チューハイの一部値上げ

宝酒造は20日、焼酎とチューハイの一部商品を6月から1~8%値上げすると発表した。宝焼酎「純」(25度、720ミリリットル)の参考小売価格(税別)は、現在の748円から約4%高い780円となる。コスト削減を進めてきたが、今後も原料価格の高止まりが続くとし値上げを決めた。

対象は、販売する焼酎の大半を占める「甲類焼酎」のほか、チューハイの一部。甲類焼酎は主にブラジルから輸入する「粗留アルコール」を原料に使う。粗留アルコールは、トウモロコシやサトウキビを発酵させて蒸留したもので、穀物の価格が上昇しているという。バイオ燃料向けの需要が増えた影響もあるという。

宝酒造は焼酎製造の国内大手。2021年3月期の焼酎の売上高は486億円で、同社の売上高の3割を占める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン