/

この記事は会員限定です

関西のテレワーク受容力、和歌山市と姫路市が「万能型」

[有料会員限定]

日本経済新聞が人口10万人以上の都市を対象にテレワークに適した環境を分析・採点したところ、関西全体では全国と比べ高いとはいえない結果になった。だが、全国トップの滋賀県彦根市のほか、和歌山市と兵庫県姫路市は評価対象の4項目すべてが全国平均を上回った。両市はテレワーク環境を強みとし、地域の再生・活性につながる新たな取り組みを進めている。

フリーWi-Fi自動接続アプリ「タウンWiFi」の2018年の調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン