/

やさしいニュース解説 関心高まる関西発の水素技術

東京五輪が終わりパラリンピックが始まります。少し気が早いですが、次の国家的イベントとして期待されるのが2025年の国際博覧会、大阪・関西万博です。万博ではバスや船の燃料に使うなど、至る所で水素を活用する計画です。

世界での脱炭素の流れを受けて一気に関心が高まっている水素は、関西で活用が進んでいます。岩谷産業が国内販売シェアの7割を握り、神戸では水素を運搬する船や陸上に受け入れる基地が整備されています。水素社会を実現するポイントは何か。日本経済新聞とテレビ大阪のコラボ企画です。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン