/

この記事は会員限定です

変貌する雌伏の世界都市 「大大阪」100年、復権なるか

都市の針路 成長の底力①

[有料会員限定]

大正後期から昭和初めにかけて大阪市が「大大阪」と呼ばれた時代がある。1925年(大正14年)には市域拡張で当時の東京市の人口を抜き、世界6位の大都市に躍り出た。その時代から間もなく100年。2025年万博を迎える大阪・関西は、雌伏の時を越えてどこへ向かうのか。現在地と未来図を考える。

かつて繊維業で栄えた商都大阪の中心地、船場(大阪市中央区)には金融、製薬、商社などが集積した。綿業会館など築10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

都市の針路

2025年万博に向け、大阪・関西が動き出しています。魅力ある都市とは、絶えず新しいものが生まれ、そこで学びたい、働きたいと若者がやってくる「憧れの対象」です。長期低迷からの脱却をめざす都市の現状を描き、都市の進むべき道を考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン