/

この記事は会員限定です

奈良市など独自にコロナ警戒警報、県と足並みそろわず

[有料会員限定]

大阪の通勤圏である奈良県の自治体が、新型コロナウイルス感染者の急増に危機感を強めている。県が「まん延防止等重点措置」要請には慎重な一方、生駒市と天理市は19日から市独自の緊急警報を発出。奈良市も20日、独自の「緊急警戒警報」を出した。奈良市の仲川げん市長は大阪府の緊急事態宣言要請を受け、「奈良でも緊急事態宣言に準じる重点措置を講じる必要がある」と述べ、動きの鈍い県をけん制した。

奈良県の19日まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン