/

小惑星「りゅうぐう」の石、分析開始 兵庫の施設で

エックス線を照射する装置の前で、小惑星りゅうぐうの石の分析について説明する土山明・立命館大教授(20日午前、兵庫県の大型放射光施設「スプリング8」)=共同

海洋研究開発機構などの研究チームは20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星「りゅうぐう」の石の分析を始めた。兵庫県佐用町の大型放射光施設「スプリング8」でエックス線を使い、さまざまな方向から撮影して立体画像を作成。鉱物の分布のほか、水や有機物の有無など、内部の構造を解明する。

石には、46億年前に太陽系がどんな物質からでき、今の姿になったのかを知るヒントが隠されている。また、地球のものと特徴の似た水や有機物が見つかれば、海や生物の材料は太古の時代に地球に飛来した小惑星がもたらしたのではないか、といった議論が進むと期待される。

研究チームの土山明・立命館大教授は「液体の水があるなどのサプライズを期待している。試料の中に残ってさえいれば、必ず見つけられるはずだ」と声を弾ませた。

チームは20日午前10時から72時間連続で設備を稼働させ、8個、計60ミリグラムの石を分析。試料が空気に触れて変質しないよう、窒素で満たしたチューブに入れた上で、コンピューター断層撮影(CT)する。画像は石1個当たり1800~3600枚にも及ぶという。

その後、エックス線を当てた時の光の広がり方で鉱物の種類などを特定しながら立体画像を作成。その結果を基にして、集中的に分析する石を2~3個選び、エネルギーの強いエックス線でさらに細かく内部を分析、水や有機物の有無を探る。

スプリング8は、電子を光とほぼ同じ速度まで加速し、磁石によって進行方向を曲げた時に発生する電磁波「放射光」を利用して実験や分析する世界トップクラスの性能を持つ施設。先代の探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から持ち帰った砂の分析にも使われた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン