/

この記事は会員限定です

大阪IR、初期投資で1兆円規模 MGM側が提案書

[有料会員限定]

大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)が当初想定した規模で動き出す。米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同グループは初期投資額を1兆円規模とする提案書を府・市に提出した。開業当初からホテルや国際会議場がオープンする見通しだ。今後、出資などで参加が見込まれる関西主要企業の動向に注目が集まる。

大阪府の吉村洋文知事は21日の記者会見で「世界最高水準の(IRの)提案をお願いして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン