/

鬼滅主題歌「紅蓮華」1位 著作物使用料ランキング

LiSAさん=共同

日本音楽著作権協会(JASRAC)は19日、2020年度に著作物使用料を最も多く分配した国内作品は歌手のLiSAさんが歌う「紅蓮華(ぐれんげ)」だったと発表した。人気テレビアニメ「鬼滅の刃」の主題歌で、音楽配信サービスやカラオケなどを通じて幅広い世代から支持された。

JASRACは放送や演奏、CDなどで使用料を徴収し、作詞者や作曲者らに分配している。分配額の合計は約1206億円で、19年度に記録した過去最高額(約1170億円)を更新した。

紅蓮華はLiSAさんが作詞、草野華余子さんが作曲。19年7月にリリースされ、ロングヒットを続けた。2位はバンド、Official髭男dismの「Pretender」(藤原聡さん作詞作曲)、3位はシンガー・ソングライターの米津玄師さんが作詞作曲した「Lemon」だった。

LiSAさんは「長く愛していただき、とても光栄です」とのコメントを発表した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン