/

この記事は会員限定です

ダイハツここまでやる、農薬散布も送迎も 変革の現場

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ダイハツ工業が生き残りをかけ、顧客のつなぎとめに挑む。地方に本社の社員が直接出向き、軽トラックとドローンを使って農家の農薬散布を代行したり、送迎サービスに乗り出したりする。軽自動車の市場縮小に加え、脱炭素化を実現するための環境対応で、自動車業界に電動化の波が押し寄せる。ダイハツが「ここまでやる」現場を追った。

兵庫県丹波篠山市。特産品の黒豆の栽培地で、ダイハツがある実験を進めている。軽トラックがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン