/

和歌山のIR区域整備計画が頓挫 県議会が否決

(更新)

和歌山県が和歌山市内の人工島「和歌山マリーナシティ」への誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)について、同県議会は20日の本会議で、区域整備計画案の国への申請を反対多数で否決した。立地自治体の和歌山市はIR誘致に同意しており、県は本会議で可決されれば28日までに国に計画案を提出する予定だったが、否決により今回のIR計画は頓挫した。

採決は賛成18、反対22で、19日の県議会IR対策特別委員会(賛成5、反対10)に続き否決された。同県の仁坂吉伸知事は本会議後、記者団に「全力をあげて取り組んできたが否決された」と述べた。仁坂氏は「国の2次募集があるかも知れないからその時はチャレンジすればいい」とも語った。

県議会は2019年に「IR誘致を積極的に推進する」決議を賛成多数で可決したが、運営事業者に決まったカナダのクレアベスト・グループの資金調達計画開示が遅れ、IR特別委でも不信感が高まっていた。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン