/

この記事は会員限定です

関西同友会・生駒代表幹事「成長戦略にデータ活用必要」

関西経済界 新政権に望む㊥

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大への対応では、日本のデジタル化の遅れが鮮明になった。菅義偉前首相の肝煎りだったデジタル庁が発足して約2カ月。岸田文雄政権への要望を、ソフトウエア開発会社の創業社長で関西経済同友会代表幹事の生駒京子氏に聞いた。

――政権が代わってもデジタル化の加速は引き続き最重要課題の一つです。

「デジタル化の遅れは、日本をけん引してきた企業群が過去の栄光を忘れられなかったことが大きな要因...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン