/

この記事は会員限定です

飛鳥歴史公園内の宿泊施設、星野リゾートに譲渡へ

[有料会員限定]

近畿地方整備局は、国営飛鳥歴史公園(奈良県明日香村)祝戸地区の宿泊研修施設の管理運営者に星野リゾートの子会社の星野リゾート・マネジメント(沖縄県竹富町)を選定したと発表した。民間資金で公園整備を進める「パークPFI」の手法を活用して事業者を公募し、3者から応募があった。

事業期間は2022年から20年間の予定。星野リゾートは今後、運営のための新会社を設立。既存の宿泊研修施設「祝戸荘」を改修し、個室...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン