/

この記事は会員限定です

日本ハム、AIで養豚支援するシステム 22年度にも商用化

[有料会員限定]

日本ハムは人工知能(AI)で発情を検知するなど養豚を支援するシステムを2022年度中にも商用化する。繁殖で必要な熟練作業員による確認作業量を約7割減らせるという。牛と比べて1頭当たりの価格が低いことなどから、養豚ではデジタル活用による生産性向上が遅れていた。労働力不足などで経営環境が厳しくなっており、畜産農家の省力化ニーズを狙う。

あらゆるモノをネットにつなぐ「IoT」やAIを活用する養豚支援シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン